古くて新しい演出

こんにちは。

昨日はクイズ番組での「くす玉」の使用状況について述べてみました…

歌番組で「くす玉」が有名なのは

ザ・ベストテン

でしょう…

しかし、今歌番組といえば

ミュージックステーション

ですね。

くす玉が

キャノン砲

バルーンドロップ

スパークバルーン

に進化したのは今の状況を見ればわかるでしょう。

しかし、テレビで

キャノン砲やバルーンドロップは見かけても

スパークバルーンを見かけないのはなぜか…

リハーサルが難しいから

という説がありますが…

一方、結婚披露宴でスパークバルーンが使われ始めたのはここ10年程度です。

それまでは「割る」ということから敬遠されていましたが

「開く」ということからはやり始めましたね…

鏡開きというのもありますし…

こうしてみると、

くす玉の演出は古くて新しい

ということなのかも…

いずれ近いうちに、

どうしてくす玉がはじける瞬間は感動を呼ぶのか

ということを述べなくては…

追求すると

きりがなくなりそう…

学問の匂いがするかも…

古くて新しい演出」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 自分をプロデュースするということ | ふうせんでつたえたいこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です