見るだけで元気が出るような空間演出をめざして

こんにちは。

前回の記事から1か月半程度がたちました。

既に来年に向けてのプロジェクト

平成が終わるまでに

合計2019個の風船を降らせよう(バルーンシャワー)

合計2019個の風船を飛ばそう(バルーンリリース)

9月も下旬に差し掛かり、現在こうなっています。

    

バルーンリリース 延べ400個

バルーンシャワー 延べ250個

※9月22日現在、対象になっているイベントのみ計上しています。

今後、今年11月下旬及び12月上旬、来年4月にこのプロジェクト関連のイベントを計画しています。このうち来年4月はたびたび予告している

「平成最後のふうせんまつり」

です。一緒にイベントをつくりあげるチームを12月中旬をめどにスタートさせる予定です。キックオフは11月下旬を予定しています。

さて、今日のテーマ。

見るだけで元気が出るような空間を創りたい

ということ。

先日、とあるピアノコンサートを鑑賞する機会がありました。そこで感じたのは

弾き手によってピアノの音色が全然違う。生命を感じる音色にもなるし、ただの「音」にもなりうる

ということでした。生命を感じる音色から感じるものは、

明日への元気や希望

であると強く感じました。

一方の風船。

すべて今月(2019年9月)に入ってからの作品です。

で、ある方からこういわれました。

すごい元気が出る

私にとって最高の評価です!くす玉がいくつもはじけるような気持になりました!

そもそも、これらの風船たち、すべて私一人が生命を吹き込んだものなのです。デザイン、構成、環境…風も吹くので安全にも配慮しなければなりません。前日仕込めるところは可能な限り仕込み、当日は夜明け前からひたすら感動の一瞬のために汗にまみれる…

 

風船が大好きで、くす玉がはじける瞬間を愛し、その結果築き上げたものはとてつもなく大きいと、今にして思っています。

とにかく風船が好き、だからこそ生み出すことができる感動…

これからも創り続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください