夢をかなえたからこそ伝えられること

 

こんにちは。

とにかく見てください。

私が渾身の力で創り出した究極の感動の瞬間を。

 

ふうせんまつり~ゆめの国の宝さがし~からはや2週間。

自分の限界に挑み、成し遂げられた仕事。

そして…

自分自身でくす玉のひもを引っ張りながら「おめでとう」といえるようになる…

夢をかなえる、ということはそういうのことなのかもしれません。

くす玉がはじける瞬間に咲き誇る無数の笑顔の華…

夢がかなう瞬間…自分のみならず、自分の周囲にいる人たちも幸せにすることができる…

自分はそういう存在になることができました。
そして、これからもそういう存在であり続けたいのです。

いくつものくす玉を華開かせ、ついにはとてつもなく大きな大輪のくす玉を華開かせることができた…たくさんの「おめでとう」に包まれて…

そのためにはどれだけの汗と涙を流してもかまわない、という心構えが必要です。そこにあるには
「このくす玉を絶対に華開かせる」
という強い意志です。
そして、その時の自分の姿をイメージすることが必要です。

流した汗と涙の分だけ、幸せは必ずやってくる
そして、華開いたくす玉は、自分にとって「これから生きていくための自信」という、大きなプレゼントを自分に残してくれます。

夢をかなえるということは、そういうことなのです。

夢をかなえようとする姿によって、多くの人を幸せにすることができるのです。

夢をかなえたからこそ、できることがある…

これから私は、一人でも多くの人のくす玉を華開かせる手助けをしていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください