一点豪華主義

こんばんは。

今日はとあるホテルでブライダルフェア…全然集客ができておらず、不成績…と思いきや、終了間際に複数の希望者が…

今までにないケースでしたので、閉店間際も気が抜けません。

さて、今日のフェアを通して、すごく気になったこと。

ここ数年、とにかく何か一点にだけお金をかけたい、という新郎新婦様が増えている。

今日のフェアで閉店間際にバルーンのブースを訪れた二組のカップル様はまさにその典型例。

一組目…クリスマスをテーマに披露宴会場をデコレーションしたい

二組目…ディズニーランドをテーマにした華やかな披露宴会場にしたい

いずれもこのホテルにとってはご新規さま。

バルーンデコレーションやバルーン演出にお金を集中させたいというのがはっきりしている。

そういう要望を聞き入れて、提案していくのがウェディングプランナーさんの仕事。

にもかかわらず…

無難に組数をこなす

というウェディングプランナーさんの多いこと多いこと

特にここ広島は…

本当に情けないし、悲しい。

一生に一度だからこそ、最高のものを提供するのが

私たちバルーンデコレーターの仕事。

特にこのホテルは、広島を代表するホテルだけあって、仕事もやりがいがあるし、提案のしがいがある。昨年はこのようなこと をしたりした。

とにかく一つのことにこだわりたいのが今の新郎新婦様。

それがバルーンだったら、最高のものを提供する。

私たちの使命である。

そういう提案から、昨年のこのホテルのフェアに臨んだ。

今年、このホテルは「会場を見せたい」という方針で、あえて演出の提案を控えることにした。

そしたら結果がこれ…

演出会社(このホテルではこの演出会社のグループとして入っている)のコーディネーターさんもぼやいていた。

とにかくウェディングプランナーの勉強不足

この方 や、この方 の爪の垢を煎じて飲みなさい

と声を出して言いたいぐらいひどい。

この記事 を読んでほしい…>広島を代表するとある名門ホテルのウェディングプランナーさんよ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください