くまさんのげんきだま(発達障がいのお子様及びその親へのメッセージ)

くまさんのげんきだま2016表紙

くまさんのげんきだま2016表紙

くまさんのげんきだま(PDFファイル、11ページ、14MB)

私は自閉症という生まれつきの障がいを抱えています。

加えて手先が不器用、コミュニケーション能力に問題があります。

そのほかにもさまざまな生きにくさを抱えています。

しかし、それを

「ふうせんがとっても好き」という強い思いから、はねのけることができました。

「くまさん」は、すなわち私のこと。

「げんきだま」は、私がとにかく好きで好きでたまらなく、こよなく愛した「くす玉風船」、すなわち「スパークバルーン」のことです。

そして、くまさんこと私は

「くす玉のように多くの人を感動させることができるようになりたい」

という夢と希望と強い思いを持って生きるようになりました。

そして、私が生命を吹き込んだ風船によって、たくさんの人に夢と感動をもたらすことができるようになりました。

2016年、私は同じ障がいに苦しむ子供たちや若者のために、自らの経験と思いを

くまさんのげんきだま

という一冊の小冊子にまとめました。この小冊子をpdf化して、ご自由にダウンロードしていただき、どなたでも気軽に読めるようにいたしました。

本文はすべて、小さいお子様でも読めるよう、ひらがなで表記しており、バルーンアートの作品はすべて自らの作品のみで構成しております。くまさんのイラストは私の上司の方が考えてくださったものです。

私の風船に対する思い、「くす玉のような存在になりたい」という想いを、ぜひ感じ取ってください!

そして発達障害に悩むお子様とその親御さんにとって、夢と希望と感動を実感し、成功体験という「くす玉」を一つ一つ花開かせ、大輪の華を咲かせることができるきっかけとしてください!

そのことによって、私にとってもまた一つ大きな「くす玉」がはじけるのです!

 

ふうせんでつたえたいおもい

ふうせんでつたえたいおもい

2017年現在、「くまさんのげんきだま」は、おかげさまで大変なご好評をいただいております。そこで、「くまさんのげんきだま」シリーズとして完全版「ふうせんでつたえたいおもい」を制作いたしました。こちらは私の作品の画像をスクラップブック化して一つの作品に仕立てた「バルーングラフィック」の中から選びぬいたものと、この「ふうせんでつたえたいこと」の記事を再編集したもので構成しております。