2019Balloons Make Everyone Happyプロジェクト

この「2019Balloons Make Everyone Happy!」プロジェクトは、2019年4月30日までに

2019個の風船を降らせよう!

2019個の風船をリリースしよう!

というプロジェクトです。

Happy!Happy!Happy!

Happy!Happy!Happy!

私こと梶川洋平は、本当に風船が好きで好きで、1996年以来何千何万という数えきれないほどの風船たちに生命を吹き込んできました。しかし、それ以前にも幼い時から風船が好きでした。とりわけ、くす玉のはじける瞬間にあこがれていました。その思いを抱き続けたまま大人になり、やがて風船を仕事にするまでになりました。

くす玉のような存在であり続けたい…

くす玉のような存在であり続けたい…

さて、1989年から1990年、すなわち平成元年から2年の春にかけて、広島市のとある商店街で、

ふうせんまつり

なるものが開催されていました。ところが、時代の流れからいつの間にかなくなってしまいました。他方、バルーンアートなるものが1990年代中盤から日本に入り始め、1995年には日本初の「エミリーズバルーンアートビジネススクール」が始まり、1997年には第1回のJBAN Conventionが開催、それから20数年余りの間にバルーンアーティストもバルーン市場も広がりを見せ、今では日本津々浦々でいつでも風船が手に入り、バルーンギフトからツイストバルーンに至るまで風船に接する機会も増えつつあります。

このように、平成の30年間で風船、バルーンは大きく変化しました。しかし、風船の持つ楽しさ、美しさ、華やかさといったものが惹きつけるものは、時代が変わっても変化しない、と私は思っています。

そこで、私は平成が幕を閉じようとする2019年春に「平成最後のふうせんまつり」を計画しました。

一方で、2018年夏、西日本各地を集中豪雨が襲いました。中でも広島県は呉市・熊野町・坂町をはじめ、ほとんどの地域が被災するという状況になり、とりわけ呉市の子どもたちは花火も見れない、どこにも行けない、市民の憩いの場は軒並み災害対策拠点と化している、という状態で、笑顔を失っているという声が至る所から聞こえました。

そこで私は

私ができることは何か

と考え、

2019個のバルーンリリース・2019個のバルーンシャワーにチャレンジしよう

それを通して夢と希望と感動を届け、笑顔を広げよう

という想いで、このプロジェクトを2018年8月にスタートさせたものです。

この「2019個の風船をリリースしよう!2019個の風船を降らせよう!」プロジェクトと、2018年7月以前から準備していた「平成最後のふうせんまつり」プロジェクトを一つにまとめたものが「2019Balloons Make Everyone Happy!」プロジェクトです。

今後の予定

2018年11月30日(予備日:12月10日)…安浦の子どもたちに夢と笑顔を!バルーンシャワー(400個予定)&バルーンリリース(500個予定)@安浦かもめアリーナ フェイスブックイベントページ

2018年12月9日…呉市阿賀、@雑貨屋Freee様のクリスマスイベントにてバルーンリリース(100個予定)

2019年4月27・28日…平成最後のふうせんまつり @Clip Hiroshima ※たくさんのバルーン装飾&大型バルーンプール&1000個のバルーンシャワー ※このイベントがこのプロジェクトのメインです! フェイスブックイベントページ

2019年4月29日…スペシャルバルーンリリース(最低1000個のバルーンリリース、参加型コーナーも予定)@広島県内某所(現在、北広島町大朝某所を予定) ※こちらもメインイベントです!

これまでの活動

2018年10月21日…ひろしまグリーンリボンフェス(臓器移植啓発イベントのコンサート)にて200個のバルーンシャワー @Clip Hiroshima

2018年9月22日…呉市仁方、認定こども園しろはと様にて400個のバルーンリリース&100個のバルーンシャワー、運動会のオープニングにて実施

2018年8月5日…呉市の子ども向け復興イベントにて150個のバルーンシャワー @駅よこ0番