本当に人を幸せにする仕事に携わる責任

こんばんは。

今日日曜日、とある町(といっても人口約7万人)で一番大きいホテルでブライダルフェアーでした。このホテル、地域の中心的存在のホテルで、年に2度あるフェアーの規模はその地域最大級です。

その一方で、私は駆け込み注文を受け、スパークバルーン2個を出荷しなければいけませんでした。

ブライダルフェアーの規模は大掛かりで、スパークバルーン合計11発。2か所に仕掛けをセットしました。

仕込みを終え、ブライダルショーまでの2時間30分の間に、片道50キロを往復し、スパークバルーン2個を作らなければいけません。

普通ならこのような無茶はあり得ません…しかし、私が作って送り出すスパークバルーンを待っている人がいます。その人の期待を裏切ってはいけません。

それがプロとしての責任なのです。

私はこの仕事を本当に愛していますラブラブ

というより、スパークバルーンが大好きなのですドキドキ

だから、プロとしての責任を果たすことが

最大の責務なのです。

シーズンともなると

連日朝早くから夜遅くまで風船を膨らませます。

ひと月に10000個近い風船を膨らませたこともありました。

その風船一つ一つが、一人ひとりの心の中に感動と幸せをもたらすのです。

だからどんなにつらくてもがんばれるのです。

そのような私の思いを踏みにじるような人に対する怒りから↓のアメンバー限定の記事になったのですが…

今日の仕事については、

近くアップしますが…

一つだけ不発が…

今日はブライダルフェアーだから笑って許せるが…

これが本番だったら…

でも、原因を追究し、問題点を洗い出すのもブライダルフェアーの役目。

そうして、本番で

人生最高の瞬間が作りだされるのです。

私はこの仕事に誇りを持っています。

そして、限りなく感動的な瞬間を

今もなお追い求めているのです。

DSCF0326 DSCF0332

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください