現場も営業も経理も何もかも、そして…

Y’s Dreamというところは、まだまだ会社組織になっていない。そのため、「ただ風船を膨らませていればいい」というような状況ではない。言い換えれば、営業も経理も総務も何もかも一人でこなさなければいけないのである。

個人営業をしているところはそれで当然、といえばそれまでである。大企業だって、個人商店で出発したところは、最初はそうであった。

このことで私は何を言いたいのか、というと、バルーンアートの世界を、「ただ風船を膨らますのが仕事」と勘違いしている人に、「現実は厳しいぞ」と言い聞かせたいのである。

技術を身につけたところで、お客様が居なければ、それはただの持ち腐れになる。逆に、営業ができても、技術がなければ、お客様の期待を裏切ることになる。早い話、技術力も営業力も、一人で兼ね備えなければ、バルーンのプロにはなれないのである。

さらに言えば、経理の能力も、なければならない。言い換えれば、バルーンの仕事をするにあたっては、「コスト意識」を絶えずもたなければいけない。

私の場合、その経理能力がまったくないのである。結果、無駄が多くなってしまう。

技術もまだまだ身に付けなければいけないことが多すぎる。湯布院でやりたいこと、やれるだけの事はやったが、まだまだ不十分である。

営業に付いても、まだまだ基本がなっていない。

早い話、私はサラリーマンを、これまでどおりやっていたほうがいいのでは、と思える。

しかし、私はこうして、風船の道を極めようとしている。その理由はただ「風船が好きだから」である。

実際にバルーンビジネスの世界に飛び込んで半年、Y’s Dreamはまだまだ赤字である。そしてわかったことは、「技術も営業も経理も何もかも一人でやっていかなければいけない」という事実であった。

「好き!」という気持ちだけでは、バルーンビジネスはできないのである。

バルーンアートの世界に飛び込みたい、と思っている人は、そのことを肝に命ずるべきである。

(なんだか今回のコラムは、書いている自分自身が自己嫌悪に陥ってしまっている・・・)(2000年5月26日)

これは10年前のコラムである。

10年の月日が流れ去り、これに大きな仕事が加わった。

それは商品開発である。

…今私は、先ほどの記事にもあるように、どこのバルーン業者もやっていない演出を研究・開発中である。

とにかく試行錯誤、失敗を繰り返している。

しかし今週末がおそらく商品開発のラストチャンスになる…

なぜなら、来週以降、

秋のブライダルラッシュが始まるからである。

一組一組に責任を持って

最高の瞬間を作り上げる時がやってくる。

分刻みのスケジュールに追われる。

絶対に穴をあけることなど許されない

最低でも100%、あるいはそれ以上のものが求められる。

そうやって10年間私は駆け抜け、やってきた。

ものすごいプレッシャーのなか、毎週末仕事に取り組んできた。

そうして今がある。

気がつけば作り上げてきた最高の瞬間は幾多にも及ぶ。

そして生命を吹き込んだ風船の数はそれこそ数えきれない。

正直言って精神的にも肉体的にもしんどい。

失敗する時もある。

本番での失敗は取り返しがつかない。

本当に新郎新婦の前で土下座したい気持ちになるし、実際土下座したこともあった。

ブライダルフェアなど、どちらかといえば失敗が許される場であっても、悔しい気持ちになる。

足に足かせがついたような、重い足取りで引き上げることになる。

しかしこの仕事、どんなに辛いことがあっても絶対にやめられない。

なぜなら・・・

成功したときの最高の感動

あの地響きにも似た大歓声

この上ない快感である。

その究極ともいうべきものをいま私は目指している。

この演出が形になったら、本当に最高である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください