私にとって平成は風船と共にあった

こんばんは。

ただいま平成31年4月30日午後7時過ぎです。

平成はあと4時間余りで終わります。

平成の始まりは静かでした。昭和が先代天皇陛下の崩御とともに幕を下ろし、日本国中喪に服している中での幕開けだったのです。とにかく自粛ムードに覆われていました。当時、このようなお祝いムードの中での平成の終わりをだれが想像できたのでしょうか。

一方、平成元年に広島の中の棚商店街で、このようなイベントが行われました。確か「GOGOひろしま春まつり」の一環として行われていました。その名も

ふうせんまつり

今私が取り組んでいる「ふうせんまつり」の原型なのです。

この「ふうせんまつり」、平成2年も同じ中の棚商店街で開催されました。この時私はアルバイトスタッフとして、風船を膨らませていました。

当時私は大学進学のため広島を離れることが決まっていて、広島最後の思い出とばかり、たくさんの風船を膨らませた記憶があります。ミス広島(今の「広島観光親善大使」)と一緒に風船をもって本通りを練り歩いた思い出もあります。その時の風船は今でいう配り用風船で、今では環境保護の観点からしてはいけないプラスティックバルブが付いた風船を空に飛ばすようなこともしていました。

その後しばらくして、一時期風船飛ばしが廃れました。理由は「風船を飛ばすと海洋動物が死ぬ」という小さい子どもさんの訴えが世間を動かしたからでした。しかし、実際にウミガメの死骸から検出されたのは、風船についていたプラスティックバルブで、一方でゴム風船は天然ゴム100%の生分解性のものに急速にとってかわられました。そして爆発の危険があった水素ガスは風船を膨らませるための使用は業界内で全面規制され、数年の間に風船飛ばしは復活しました。平成7年には日本で初のバルーンアートビジネススクールである「エミリーズバルーンアートビジネススクール」がスタートし、今も形を変えながら続いています。

かくいう私も1996年に「エミリーズバルーンアートビジネススクール」に参加し、翌1997年には第1回の「JBANコンベンション」に参加しています。以降の足取りはもう何回も述べているので今日は省略します。

以上は20年以上前の作品たちをピックアップしたものです。

当時はまだ20代でした。

こちらは平成最後の作品。

おそらく、来る「令和」の時代、私は平成ほど風船を膨らませることはないですし、そのつもりもありません。「ふうせんまつり」が私にとって、バルーンアーティスト人生の総決算みたいなものになるでしょう。そのつもりで、私は当初4月28日を予定していたのです。

「ふうせんまつり」ののちも、バルーンアーティストとしての活動は続けるつもりです。しかしそれだけでやっていくつもりは毛頭ありません。バルーンアーティストとして生きてきた20年余りの時代、その経験から次の世代に私が伝えられることはたくさんあります。

夢をかなえることの大切さ、夢を持ち続けることの大切さ…

これらを伝えることが今後、令和の時代で私がやっていくことだと思っています。令和の時代、私は「余生」だと考えます。昭和の時代、定年は55歳でした。私もその年齢が近づいています。令和がどのような形で終わるのか、今回と同様、生前退位という形で終わりを告げるのか、それとも昭和と同様、「崩御」という形で葬送行進曲とともに終わるのか、わかりません。少なくとも平成と同じかそれに近い期間続くと思われます。大正のように15年では終わらないと考えます。むしろ今回の時代の移り変わりが私の人生の中で最後になると私は考えています。仮に令和が30年続いたとして、私は80歳近くなっているはずですが、おそらく私はそこまで生きていないでしょう。令和の時代のどこか(おそらく令和末期{令和27~29年?}あたり)で私は人生を終えると思います。昭和に生まれ、令和で人生を終える…最初から最後まで生きた時代は平成だけだった、ということになりそうです。その平成の大部分を共に生きた…のが私にとっては風船だったのです。

風船好きのルーツは昭和にあった…平成でそれを形にした…今、「ふうせんまつり」という大きなプロジェクトに取り組んでいますが、これを成功させた時点で私の「平成」が完結します。そこから私は「令和」が始まります。

3 thoughts on “私にとって平成は風船と共にあった

  1. 藤本憲朗

    「ふうせんでつたえたいころ」最新版を読ませてもらいました。
    たくさんのメッセージがちりばめられていて、どのことを書いていいのかわからないほどです。
    1つ書けるとすれば、「風船と共に生きる心やさしい方」というイメージを持っている、ということです。
    私も風船が好きですが、ただのファンでパフォーマーや公の活動をしているわけではありません。
    唯一していることは、YouTubeで動画をupして風船のことを紹介して、メッセージを伝えることです。
    今月後半で動画のup1周年を迎えます。おかげさまで登録者は3ケタになり、国内はもちろん、アメリカ・スペインの方と交流を持つことができ、オーストラリア・カナダの方のサポートメンバーにもなっています。
    私も今年で50代になります。昭和・平成と生きていましたが、今の居住地になってから生活面も気分も大きく変わって、楽になりました。そして令和になり、気持ちを新たに風船と共に生きていきたいと思っています。
    話は変わりまして、お知らせとお願いをさせて下さい。
    私のEメールですが、信頼できるサイトでメールアドレスを取得して試験的に使っていましたが、これからも継続して利用させてもらうことを決めました。私のYouTubeにコメントを寄せてもらってもいいのですが、Eメールも可能になりましたので、お知らせしておきます。
    あとお願いです。前でも書いたように、今月後半、正式には5月24日になるのですが、YouTube動画up 1周年になります。それで、きのうたまたま閲覧していたところ、「ツイスターズ2019in関西」というバルーンイベントが6月15・16日に兵庫県尼崎市で行われます。広島でも6月2日に「ふうせんまつり~ゆめの国の宝さがし~」のイベントがあるので、この2つのイベントの宣伝を私の動画でさせてもらいたいと思っています。これには管理人様の承諾が必要だと思いますので、もしよろしければ宣伝させてもらえないでしょうか?全国の方が見ているYouTubeなので、少しでも多くの方が足を運んで下さるきっかけ作りをさせてもらいたいと思っています。できれば、準備がありますので早めのお返事をいただければと思います。ご検討をよろしくお願いします。
    「令和」の時代も活躍されることを願っています。
    以上長々と書いてしまい、大変失礼しました。
    2019.5.3 夜
    YouTube『風船が純粋に好き。』チャンネル 風船おじさん

    返信
  2. YouTube『風船が純粋に好き。』チャンネル管理人 風船おじさん

    ふうせんまつり実行委員長、梶川洋平様、初めてお目にかかります。

    私はYouTube『風船が純粋に好き。』チャンネル管理人の「風船おじさん」こと、藤本憲朗と申します。

    夜遅くのメールをお許し下さい。

    今回は、広島で行われる『ふうせんまつり』の、私の動画での宣伝を許可していただいて、本当にありがとうございました。

    兵庫県尼崎市で行われる「風船イベント」の担当の方からも、先日正式に許可をいただきました。

    広島と兵庫で行われる2つの風船のお祭りを、私の動画で5月24日の朝に公開予定で、今後行動させてもらいます。

    公開方法は、手書きメモを見せながらの口頭で紹介と、概要欄の説明文でのコメントを使った紹介です。

    イベント名・会場・日時・場所・料金などの、YouTubeで公開されている情報を、そのまま紹介したいと思っています。

    私のほうはYouTube活動も制限があり、編集ソフトがなくまた取得することも困難ですので、原始的にBGMなし・字幕なし、大好きな風船を持ってのお話で、動画を公開しています。

    5月24日は、私の動画を公開して1年の記念の日になります。

    「風船」というコンテンツで始めた動画配信ですが、おかげさまで私が予想していた以上の反響があり、チャンネル登録者も動画自体も、3ケタの数字になっています。

    また、国外への宣伝にも力を入れており、今はアメリカ・スペインの方との交流があり、最近はサポートメンバーとして、カナダ・オーストラリア・エジプトの方の動画にも、定期的にコメントで参加しています。

    登録されている方は、「風船」だけにこだわっている方もおられますが、大半は「風船」に一定の理解を持ち「私もこのようなものを動画でupしています」というやさしい方々です。

    YouTubeの動画を視聴していても「風船=女性の風船割り」というものがほとんどで、そうでないものを見つけても動画がupされないまま休止されていたりと、なかなか「風船」のイメージを変えることができていません。

    「風船割り」は嫌っているわけではないのですが、割れるのが苦手でどうしても「ああ、割ってしまった」と気を落としてしまうのが、現状です。

    そんな中、登録者の方には小さい子供たちのお母さんが、動画の補助をしている公開している方が何人かおられて、「風船」の話も出ることがよくあります。

    子供たちには「風船」は愛されている、ということを実感していますし、私自身もこれからも「風船」を使ったメッセージを発信していきたいと思っています。

    こちらは、期間限定で無料のEメールアドレスを取得して、1週間単位で更新していますが、しばらくはこのアドレスを使わせてもらいます。

    信頼のある会社のサービスで、某有名雑誌でも紹介されているサイトです。これからも、どうぞ安心して活用して下さい。

    長々と書いてしまい、申し訳ありませんでした。

    また、何かありましたら、メールを下さい。受信トレイはほぼ毎日確認していますので、できるだけ早く返信させてもらいます。

    今回はありがとうございました。

    2019.5.5 深夜

    風船おじさんこと
    藤本憲朗(ふじもとのりあき)

    返信
  3. YouTube『風船が純粋に好き。』チャンネル管理人 風船おじさん

    深夜の時間のメールをお許し下さい。
    先ほど、メールを送らせてもらったYouTube『風船が純粋に好き。』チャンネルの管理人 風船おじさんこと藤本憲朗です。
    2019年6月2日開催の「ふうせんまつり~ゆめの国の宝さがし~」の件でのお問い合わせです。
    ①紹介させてもらう内容で、アドレスの紹介を下記のようにさせてもらいました。不都合な点がありましたら、お手数ですがメールでアドバイスをいただければ、幸いです。

    イベント宣伝YouTubeチャンネル:ysdream様
    https://www.youtube.com/channel/UCbvYgvkGVwufqoZd19unPXg
    YouTube動画(イベントPV紹介:ysdream様)
    https://www.youtube.com/watch?v=uvv2-r8SyGU

    ②入場料が紹介されていませんでしたので、詳細を教えてもらえませんか?

    以上になります。
    お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

    2019.5.6 未明
    風船おじさんこと
    藤本憲朗(ふじもとのりあき)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください