来年4月以降

こんばんは。

広島市内のとある結婚式場のホームページによると、

「令和2年3月末をもって、業態変更{ホテル}することになり、閉館する」

とあります。

この結婚式場、私が旧Y’s Dreamから足掛け15年近くの長きにわたり

メインテーブル ウエルカムゾーン

バルーン演出を手掛けてきた結婚式場です。

かつてはほかにも

エスカリエ青山メモリアル2007-2015

手掛けてきた結婚式場がありました。

しかしながら、どうしたことか、私が手掛けてきた式場はここ数年閉鎖が目立ちます。

全国的にも、結婚式場の閉鎖、さらには経営破綻や自己破産が目立ちます。閉鎖に至らなくても、ブライダルからの撤退もホテルを中心に多いです。

少子高齢化、結婚式を挙げないカップルの増加…が主な要因ですが、ブライダル業界の「自業自得」の面も残念ながらあるといわざるを得ません。つい最近もとある大手ブライダル業者が重大事故レベルの不祥事を惹き起こし、全国的な騒動になったばかりです。

一説によるとウエディングプランナーさんの疲労が深刻、うつ病などの精神疾患に陥るケースも多発していると聞きます。

さらに、これはごく一部であるが、新郎新婦様がクレーマーになってしまうケースもあると聞きます。私も旧Y’s Dream時代、現実に一度遭遇しました。この時は作品を全部作り直しするために新幹線に飛び乗って東京まで出向きました。

どちらにせよ、ブライダル業界は

ブラッドオーシャン

なのが現状です。バルーン業界は市場は縮小する一方でデコレーターは増加の一途をたどっていることもあって、レッドオーシャンになりつつありますが、それよりはるかにひどいのがブライダル業界の現実なのです。

一方で、私がやってきたことは、客観的にみれば

すごいことだった

ことが、一度風船から離れてみてわかったのです。全世界を相手にするほどのレベルの高いところで競い合うと、相対的に低く見えてしまうので、いかに自分のやってきたことがすごいのかがわからなくなってしまいますし、ある角度から見れば「ずっとホストをやってきたのと変わらない」とさえ評価されてしまいますが、現実にはやってきたことは「すごい経験」になっていたのです。

その経験が求められている分野がありました。それは

福祉

の分野でした。障がい児、障がい者、そして高齢者…放課後等デイサービス、就労支援、介護予防、そして特養・老健・高齢者デイサービスでのレクリエーション…風船の需要も、私が経験してきたことを伝える需要も、大いに眠っていました。この分野での需要は掘り起こせば掘り起こすほどありました。

すでに私は福祉とエンターテイメントの融合を目指して、動き始めています。レクリエーション介護士の資格を取得したのもそのためでした。その中で介護の確かな知識の必要性を痛感し、介護職員初任者研修を受講しているのです。

で、見出し。

来年、2020年、令和2年4月以降、私は婚礼関係の一切の会場指定から外れることになります。

来年4月以降、すべての婚礼演出及び装飾は、持ち込み限定とさせていただきます私の風船に対する想いと姿勢に共感していただいた方(新郎新婦様及びそのご家族や友人の皆様など、範囲は問いません)にのみ、最高の瞬間を創り出す演出及び装飾等を提供することにしますので、件数を絞り込ませていただきます価格もそれなりにかかることになりますが、いただいたご予算以上、お願いしていただいた皆様のご期待を大きく上回る、生涯忘れることのできない感動を提供させていただきます。

ただし、縮小はしてもやめるつもりはありません。なぜなら

自ら知恵と汗を出して創り出した感動の瞬間が多くの人の心を動かしたときの達成感と爽快感と高揚感は、何物にも代えがたい、そのような仕事を続ける、そのような作品を生み出し続けることが、福祉の現場、とりわけ障がい児や障がい者、さらにはやりたいことがわからない若者たちにとって夢と希望を与えることにつながるからなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください