夢を売る仕事…納得する仕事ができるか?

こんにちは。

このブログもあと2日で更新終了です。

言いたいことをほとんど言い尽くしました…

ただ、絶対に風船に携わる職業についている皆さんに忘れてほしくないこと

それは

「夢を売る仕事」

であること。

私は最後の方では、惰性で風船を膨らませていました。

風船に携わる仕事の中で、最も大切なことを忘れていました。

かつて、

風船は金のなる木

という動機からバルーンビジネスの世界に入った方々がいました。

そういう人たちを私は知っています。

そもそもの出発点が違いました。

出発点が違えば、目的地も違いました。

一致していたのは「風船」という手段だけでした。

結局私は自分を見失ってしまいました。

最後は納得するような仕事ができなくなっていました。

そこへ追い打ちをかけるように

自らは精神疾患を発症し、

家族も精神疾患に陥り

さらにヘリウムガス払底…

私は引退を決断しました。

納得のいく仕事ができない状態になった以上、仕方ありません。

ここまで書いてきてぜひご覧いただきたいものがあります。

Y’s Dreamサービスポリシー

 

スパークバルーンへの思い

※リンク先のページは廃止されましたので、当ホームページ内の別のリンクに貼っています。

そして

Balloons Make Everyone Happy!

この原点を忘れてしまったら

歌を忘れたカナリヤ

と同じです…

だから、風船に携わるプロフェッショナルは

夢を売る仕事であることを忘れてはいけない

のです。

私はこのようなことをかつて言ったことがあります。

本当にお金のことだけ考えてビジネスをするのなら

私は葬儀屋をやっていた

だったらなんで葬儀屋でなく風船屋をするに至ったのか

本当に風船が好きだったから

としか答えようがありません。

HI3G0057spark013-2
本当に風船が好きだから、可能性を追いかけ続けてきました。
DSCF1306spark054-8_edited-1
最後の最後まで夢と可能性を追いかけ続けてきたのです。

♪夢を追いかけるなら、たやすく泣いちゃだめさ…

かつての名曲、渡辺美里「My Revolution」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください