2700個の風船たちがもたらすもの

こんばんは。

柱に巻きつけた風船、全部で約1100個(1セットあたり約275個)

バルーンドール、2つで合計約150個

エントランス

ベースのアーチ…1対で約170個(1つあたり約80個)

巻きつけた風船…1対で約400個(1つあたり約200個)

スパークバルーンシャワー…1個あたり約210個入り、合計約420個

このイベントの装飾と演出だけで、総数約2240個!

これが2017年11月3日に行われた、とあるイベントを彩った風船たちです。

この他にも細長い風船(ツイストバルーン)などで様々な作品をその場で制作したりしたので、その風船たちも入れると、

合計約2350個近くの風船に私は生命を吹き込んだ

ことになります…

次の日、2017年11月4日、私はこのような演出を手がけました。

天使の羽入り、約350個のスパークバルーンシャワー!

つまるところ、私は2日間で

約2700個の風船たちに生命を吹き込んだことになるのです!!!!

過去にはこのようなこともありました…→2010年10月のこと

この2010年10月は、旧Y’s Dreamの10年以上の歴史の中でも、最も多くの風船を膨らませた1か月だったのですが、これに匹敵する量の風船に私は生命を吹き込んだ、ということになるのです…

その風船たち一つ一つが、その風船たちに接した一人一人の心に残る感動をもたらす…

旧Y’s Dream時代、私はこのようなことを肝に銘じていました。

数えるべきは金ではなく、膨らませた風船の数である

膨らませた風船の数だけ感動が生まれ、多くの人の心に夢、希望、元気といったものをもたらすことができるのです。

私はとにかく風船が好き、という想いだけで、ここまで突っ走ってきました。

力尽きて、一度は引退しました。

それでもなお、これだけの風船たちに生命を吹き込むことができるとは

いかにすごいことなのか…

そして、私が一番愛しているといっても過言ではない、

くす玉バルーンシリーズ…(スパークバルーンシャワー、バルーンクラッカー等)

これだけの感動を生みだすことができるのは、

本当に好きなことを見つけ出し、それを社会に役立てようとして、それを極めたからこそできることなのかもしれない…

くす玉バルーンがはじけるのは、ほんの一瞬

しかし、その瞬間があまたの人に感動を残し、夢、希望、元気といったものをもたらすことができる…

その瞬間のために、私が費やす時間、流す汗、そして涙…

全てがうまくいった時、その場にいた人たちは、感動のあまり、どよめく。

そのどよめきが私に伝わった時、私はとてつもない達成感と快感を味わう。

その一瞬だけのために、私は何日も、何時間も、風船に生命を吹き込む。

くす玉がはじける瞬間に恋をして、自らその瞬間を生み出すようになり、その瞬間にもたらされる多くの感動が伝わった時、私は体中を突き抜ける快感を味わう。その快感は、たとえようもない。

生まれつきコミュニケーションがとりづらいという一種の発達障害、その障がいがあってもなお、これだけのものを生み出せるという事実…

だからこそ、私一人で2700個もの風船に生命を吹き込むことができるのかもしれない。

その2700個もの風船たちが語るものは何か…それに接する人一人一人に、夢、希望、元気、そして感動といったものが伝わっている。

好き、という力がどれだけ偉大なものなのか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.